格安スマホはどうして安く利用できるのか

格安スマホは、スマートフォンの機種及び、通話料金やインターネット利用料金が安く利用できるという意味で使われていることが多いです。

携帯キャリアのように路面店の数が少ないのでコストダウンできるとか、料金が安い分、ある程度自分で設定や手続きをしなければいけないと言われますが、具体的にはどうして安価に利用できるのでしょうか。


格安スマホの回線は、大手のキャリア回線の中で利用しない部分を借りて、利用者に通信回線を提供しています。



借りている回線に対応するために、キャリアの回線の規格に準じたスマートフォンを用意する必要があります。
以前使っていたキャリアと対応する格安スマホの回線であれば、契約満了時にSIMカードの制限を解除することで、格安スマホのサービスに申込をした後に、今までのスマートフォンをそのまま使うこともできるので、新たに用意する必要なくより経済的に利用できるでしょう。もちろん、新規に回線とセットになったプランを利用して、スマートフォンの申込をすることも可能です。



どうして安く提供できるかと言うと、回線をレンタルしていることが関係します。


賃借料金はかかるとしても、自らが通信設備を用意したり、新規に開設したりする必要がないので、設備管理やメンテナンスの費用がかかりません。



膨大なコストを抑えられるために、利用料金を軽くできるのです。

ただ、音声通話にはあまり影響がありませんが、昼休みの時間や夜間などインターネットの利用が増加する時間帯に、大手キャリア回線に比べて、格安スマホの方が回線の本数と、処理をするサーバー等の機械が少ないことがあり、扱えるデータ量と通信速度の能力が劣ることがあります。
しかし、メールのやり取りや必要な情報を検索する程度であれば、あまり問題にはなりません。
動画の閲覧等をする際に、動きが遅くなる場合があるので、利用が集中する時間帯は避けるようにするといいでしょう。