格安スマホに向いている人

格安スマホは大手の携帯会社よりも基本料金が安くなっていてお得になりますが、プランによっては格安スマホにしない方が良い場合もあります。



また、店舗が無い場合が多いのでプランの相談や故障した場合の修理などはネットや電話でのやり取りになるのが基本になります。


格安スマホにした方が良い人は、通話時間が短く自分からの発信よりも着信専用にしている方です。


格安の場合、通話料金が通話した分だけかかるプランがほとんどなので大手の通話し放題プランを選んだ方が安くなります。また、データの使用も少ない方に向いていて500MBから選べるようになっています。

大手の通信会社では2GBが一番低い設定になっていることが多く、WiFi環境で主に使っている方は1GBも使っていない人も多くいるので使えるギガ数を低く設定し料金を抑えることが出来ます。



その他に、最近のスマートフォンは高性能で本体代金が10万円程度のものがほとんどですが端末がそこまで高性能でなくても良ければ安価なスマートフォンも増えてきているので端末にこだわりが無ければさらに費用を抑えることが出来ます。

また、ネット回線を引かずWiFiルーターを使っている方にもおすすめです。

ルーターは制限のあるプランとデータ無制限のプランが選べるので、元々スマートフォンとルーターを併用している場合は格安スマホで一番安いプランにしてルーターに繋いで使えば安くなります。


大手の携帯会社のデータ通信料が大きいプランを選ぶと金額が高額になるので、スマートフォンのデータの低いものとルーターの定額のものを合わせて利用した方が安くなることがあります。